2016年11月29日火曜日

天皇杯4回戦 本田FC対FC東京

天皇杯4回戦 本田FC対FC東京

アマチュア最高峰のJFL1位チームの本田対J1チームの対決。FC東京はスタメンの選手ではなかったものの、全員プロのチームに対してJFL1位のチーム。6割以上は本田がボールを支配し、本田の選手は体格の大きい選手がいないもののGKからのボールのつなぎも状況に応じたファーストタッチを心がけ、丁寧にパスとドリブルの判断をしていく。ただし解説者がいっていいた事がズバリでバイタルに入ってから崩す事がなかなかできず、決定機の数を増やす事が出来ない。
丁寧にボールを回す事において、パスかドリブルかの選択で、ドリブルを入れることで、次のパスコースを増やす事が出来るという事と、角度を変えたドリブルをすることで、次のパスコースも、更に増やす事が出来るという考え方でサッカーをしている事が分かり、非常に面白かった。アタッキングゾーンで得点の形が作れる選手がいれば、この試合に勝てる事が出来たのではないかと、感じた。
日本人が出来るサッカーとしてはこのようなサッカーが出来るのではないかと感じることのできる試合であった。


スタッフT