2016年11月28日月曜日

日体大フィールズ横浜(2部)対AC長野パルセイロレディース(1部)

日体大フィールズ横浜(2部)対AC長野パルセイロレディース(1部)

11月5日に行われた皇后杯をテレビ観戦した。
試合の流れでは、長野がボールを支配し崩しにかかり、日体大が辛抱して守りショートカウンターで攻撃をするという試合展開であった。日体大はボールを奪ったら相手DF4人の裏を斜めのボールで裏を取るか、CBとサイドバックの間を狙うボールで攻撃としては単純な攻撃ではあった。
試合の結果は1点取った日体大がその直後から2点を奪われ長野が勝利した。
試合の中で、日体大のセンターバックの選手とGKの選手の良さが目立った。日体大のCBの選手はポジショニングがよく(失点の場面を除いて)また状況に応じた守備の対応ができ、慌てて飛び込んだり、つられてカバーリングに出るという事がなく、守備においての、ポジショニングが非常に良かった。
またGKの反応が素早く、ミドルレンジからのシュートに関しては、全て反応していた。 

スタッフT