2016年10月7日金曜日

日曜日にサッカーの結果放送を見て感じる事



日曜日にサッカーの結果放送を見て感じる事


毎週のJリーグの土曜日日曜日の試合をテレビの放送で日曜の深夜に見るが、Jリーグの決定的な面白さが欠ける点に関して、垣間見る事が出来る。
10月に入りJリーグは終盤を迎え、上位の優勝争いと下位降格圏のチームの争いがあり、テレビで得点シーンを流している。
得点シーンを流しているが、対戦チームに関しては失点シーンを流されている事になり、失点のシーンでどのようなプレイが選択されているかどうかという事を、見る事になる。
その場合に失点のシーンが攻撃チームのバイタルエリアに入る前の状況から放送されているが、相手のボールを奪おうとする際のボールに対してや、相手チームの選手に対しての守備の激しさは日本のプロリーグではあまり見る事が出来ない。
案外高校チームのサッカーをしているチームの方が身体能力では欠けるところがあるが、攻守の激しさを見る事ができ、サッカーらしい試合観戦が出来たりする。

日本代表のチームの得点能力不足には本来は守備チームの守備状況での激しさがある状況でプレイをしていないので、シュートシーンでも相手のスライディングやボールの奪い方に攻撃する選手が対応できていないわけである。
またゴールキーパーのスキルにも大きな差があると思われる。日本ではこのシュートは入ったなと思われるシュートが外国のキーパーでは触られる事がある。そうすると日本でトレーニングしてる選手からするとシュートのスピードが現時点でのスピードで入るわけなので、日本でのリーグではシュートスピード自体が速くならない。

毎週日曜のテレビでボールを失った場面から失点シーンを見るたびに、スタンダードでは無いなと感じられる。


伊予FCスタッフT