2016年6月8日水曜日

押してダメなら引いてみろ 

押してダメなら引いてみろ


日本代表の敗戦を受け、いろいろな批評が出ていますが、そのなかでまた出てきた『ずる賢さ』というキーワード。

日本人は真面目でずる賢さがない、ということへの異論は以前のコラムに書きましたので省きますが、昨晩の日本代表の試合を見て感じたことは、個々の選手の問題ではなく、試合の流れのなかに駆け引きがないのではないかということです。それは監督の問題だと思うのです。

欧州で活躍する選手も、Jで活躍する選手も、長期のリーグ戦において様々な駆け引きを経験しており、日本代表の選手個々にもそれに対応する能力が備わっていると思います。

これも以前のW杯のときにも書きましたが、試合の流れには『起承転結』というストーリーがあり、そういう試合では、勝ち負けはともかく、終了のホイッスルが鳴ったときに一冊の小説を読み終えたような感じになります。それが今の日本代表の試合にはありません。

今回は興業として華やかさが求められている試合だったからかもしれませんが・・・。

このキーワードは歴代の日本代表の外国人監督が口にしてきました。そこに責任を転嫁しない、物語を描ける監督が現れることを期待しております。

伊予FCスタッフS

伊予市 サッカー 伊予FC