2016年6月18日土曜日

ペナルティエリア内で活躍する外国人


ペナルティエリア内で活躍する外国人

Jリーグの試合の中でペナルティエリアの中で活躍するのは外国人が多い。

ペナルティエリアの中では、それ以外のエリアとの違いがあり、目的はゴールでありそれを達成するためにシュートとドリブルとパスの選択が出来るという位置になってくる。

バイタルエリアに入ってくると守備側の選手の守備の目的もゴールさせないという守備の方法に変わってくるので、守備方法も通常の守備の方法プラスシュートブロックという守備方法と、シュートを打たせないという守備方法も加わってくる。


バイタルエリアに入り、最終局面を迎えシュートレンジに入ってくると、狭いエリアでの攻撃守備の選手も数が増えエリア自体が狭くなってくるので、その狭い中で最終的な局面を崩さなければならない。


ペナルティエリア周辺からそのような状況の中で、一瞬だけシュートをする瞬間を得るためには、相手よりも素早く動く事か、相手が思いつきにくいプレイを一人でするか、時間とスペースのない中で周辺との連携で相手を崩すか、完全にアウトサイドで余る状態を作るかどうかになってくる。


伊予FCスタッフT

伊予市 サッカー 伊予FC